昔の銀座がARで甦る—「東京ユビキタス計画・銀座」

 

昔の銀座がARで甦る---「東京ユビキタス計画・銀座」
日本ユニシス株式会社が、先端技術をまちづくりに活用し地域振興や産業振興、観光振興を図るプロジェクト「東京ユビキタス計画・銀座」に参加し、3月15日(月)~19日(金)までユビキタス技術やAR(拡張現実)
により「手ぶら」で銀座の「懐かしさ」を感じられる観光支援・店舗情報配信サービスを検証する。


銀座には名所・旧跡やランドマークなど多くの見どころがあり、落ち着いた感じの老舗から最近話題のカジュアルな店まで様々な店舗があるが、店舗の入れ替わりも激しく今では見ることのできなくなった歴史的な事柄や時代を象徴する出来事も数多くある。
同サービスでは懐かしい銀座へ戻った感覚が味わえる「タイムトラベルナビ」を提供。江戸・明治・大正・昭和・平成と時代ごとの銀座の街並みを現実と重ね合わせて見ることができ、関連する映画やテレビドラマ、小説、アニメ、歌謡曲など、スマートフォンを活用することで音声・音楽・動画も併せて楽しめる。さらにインターネット上の最新情報や口コミなどを併せて表示するので、過去の情報だけでなく現在の銀座の出来事や見どころ、店舗の雰囲気や価格帯なども表示する。
同社では手ぶらで操作するためのハンズフリー機器として、メガネ型ディスプレイやヘッドホンを用いた「ギンザメガネ」を提供、スマートフォンとはまた違う使い勝手の向上を狙うとのこと。
東京ユビキタス計画・銀座
http://www.tokyo-ubinavi.jp/
日本ユニシス株式会社
http://www.unisys.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.