イスラム教徒向けSNS「Muxlim」、フィンランドの「2009年国際賞」に選出

   2012/12/27

イスラム教徒向けSNS「Muxlim」、フィンランドの「2009年国際賞」に選出

フィンランドのイスラム教徒向けのSNS「Muxlim」が、フィンランド大統領が選出する国際的に活躍した国内のベンチャー企業を表彰するアワード「2009 Internationalization Award」に選出されたことを公式ブログにて発表した。

「Muxlim」は、エジプト出身のMohamed El-Fatatryさんが2006年に設立した全世界のイスラム教徒向けのSNS。ユーザーはプロフィールページを設定でき、画像や動画の投稿・共有、ブログ投稿・閲覧、友達登録、メッセージ送受信、2D仮想空間「Muxlim Pal」でのリアルタイムコミュニケーションなどが楽しめる。
「Internationalization Award」は今回で42回目を迎える年次アワードで、その年にフィンランド国内だけでなく全世界を対象にビジネスを展開し優れた業績をあげたベンチャー企業を表彰するもの。Tarja Halonen大統領はMuxlimを「政治的・宗教的に独立したSNSでありながら、異文化間での優れた対話を促進するサービス」と評価したとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket