VR ニュース

パルスと順天堂大学、医療用VRシステムの特許を共同出願

投稿日:

株式会社イグニスの子会社のパルス株式会社と順天堂大学が、両者が共同で進めているVRを用いた慢性疼痛緩和の臨床研究について、医療用VRシステムとして共同出願したと発表した。併せてサービス「うららかVR」のパイロット版の提供を開始する。

パルスと順天堂大学、医療用VRシステムの特許を共同出願

「うららか VR」は、順天堂大学大学院医学研究科 堀江教授、医学部麻酔科学・ペインクリニック講座 井関教授との臨床研究に基づき、入院時の不安緩和と、3か月以上続く慢性化した神経障害性疼痛の緩和を目的として開発された医療用VRシステム。持ち運び容易なモバイル一体型のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使用し、仰臥位(あおむけに寝た状態)でも使用可能なのが特徴で、自宅や入院時のベッド等どんな姿勢にも対応する。一般家庭でも不安・慢性疼痛の緩和が可能となるVRサービスは世界初となるとのことで、今後両者は神経引き抜け損傷、幻肢痛を含む、慢性の神経性の痛みを持っている人向けに提供していくという。加えて、クリニック・医療提供者向けには、日々のVR利用者様のNRS・VASスケール(痛み度合い)等を管理画面から統計的に測定可能な管理画面を提供する。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.