エコ仮想空間「Xeko」、仮想通貨でハイチ大地震被害への募金を募集

   2012/06/16

エコ仮想空間「Xeko」、仮想通貨でハイチ大地震被害への募金を募集

環境問題やそれに伴う飢餓問題などについて学べるアメリカの子供向け仮想空間「Xeko」(旧名称:Elf Island)が、ユーザーに仮想通貨での寄付を呼び掛けている。

「Xeko」はミニゲームなど様々なクエストをこなしていく過程で環境問題や飢餓・貧困問題などの諸問題について学べる学習目的の仮想空間。コンテンツの制作では実際に慈善活動を行っているNGOやNPOなど各種団体・企業が監修に当たっている。同サービスではワールド内に寄付を受け付ける「Haiti relief donation center」を開設。ユーザーに仮想通貨「digital coins」での寄付を呼び掛けており、現在までに7万digital coinsを突破する寄付が寄せられているという。寄付金はNGO「mercy corps」に贈られ、主に救援物資の購入などに充てられるとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.