ゲーム ニュース

Zynga、今度はFishVilleでカメルーン援助のチャリティプログラムを実施

更新日:

Zynga、今度はFishVilleでカメルーン援助のチャリティプログラムを実施

大手ソーシャルゲームディベロッパーのZyngaが、同社がFacebook上で提供している熱帯魚育成ゲーム「FishVille」にて国連世界食糧計画(以下WFP)に寄付できる仮想アイテムの販売を開始した。

WFPは飢餓と貧困の撲滅のために活動する国連唯一の食糧支援機関で、且つ世界最大の人道支援機関。Zynga社ではFishVilleにて水槽の中に設置できる「スノードーム」のデコレーションアイテムを有料の仮想通貨25キャッシュ(5ドル)で販売し、その売上の半分をWFPに寄付するチャリティプログラムを実施する。この寄付金は主に中部アフリカのカメルーン共和国の学校に給食を導入する活動に活用されるという。アイテムの販売期間は来年1月5日まで。

-ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.