ARアプリ「pin@cilp ピナクリ」の実証実験を渋谷にて開催

   2011/08/31

ARアプリ「pin@cilp ピナクリ」の実証実験を渋谷にて開催
経済産業省の事業「e空間実証事業プロジェクト」の一環として、東京急行電鉄株式会社と協力パートナー企業各社が、iPhone向けAR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)アプリ「pin@cilp ピナクリ」の実証実験を渋谷にて実施する。


「e空間実証事業プロジェクト」とは、街や地域の屋内外に関連付けられる様々なサービスやイベントなどの情報を、新たな技術を活用することで利用者に新たな発見や感動を導き出すことのできる街・地域(空間)の創出を目指して発足された経産省が推進するプロジェクト。今回、新たな情報サービスに向けて、東京・渋谷エリアを中心とした「渋谷モデルサービス」と愛媛・松山道後エリアを中心とした「松山モデルサービス」の2つのサービスの実証実験が行われることとなった。
「pin@cilp」は渋谷限定で使用できるGPSベースのiPhone用ARアプリ。屋外だけでなく東急ハンズ渋谷店の店舗内で様々な情報が閲覧できる「東急ハンズモード」が実装されている。実証実験は11月中旬~来年3月下旬まで行われる予定で、現在実験に参加するテスターを募集している。テスターの応募資格は、iPhoneを持っている渋谷のオフィスや店舗で働いている人、もしくは週末渋谷に遊びに来る人など。テスターには500ポイント付きの「ハンズクラブカード」がプレゼントされる。
テスター応募の詳細はこちら
http://pinaclip.jp/sub.html
pin@cilp ピナクリ
http://pinaclip.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket