セカンドライフ・クリエイター、リンデンラボを告訴

 

セカンドライフ内でヴァーチャルセックス用のアイテムを制作・販売するセカンドライフ内企業「Eros LLC」が、セカンドライフを運営するリンデンラボ社を告訴した。


「Eros LLC」は、”SexGen”というブランド名で主にセックスのアニメーションが入ったベッドなどを販売しているが、以前から頻繁にアイテムそのものやアイテムに使用しているスクリプトをコピーされる(盗まれる)被害に遭っているという。その状況が一向に改善されないことから、リンデンラボ社が「知的財産権の侵害を放置」していると見なし、今回の告訴に踏み切ったという。
尚、「Eros LLC」は2007年にも商品をコピーしたユーザーを相手に訴訟を起こしており、セカンドライフ内における初の訴訟事例として仮想世界業界だけでなく法曹界からも注目された。結果的にこの裁判では「Eros LLC」が勝訴し、ニューヨーク東部連邦地方裁判所は被告に対し損害賠償金として525ドルを「Eros LLC」に支払うことを命じたが、結局取れずじまいだったという。
Eros LLC
http://www.eros-3d.com
Eros LLCのショップへテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Eros/184/193/23
関連記事:
米大手銃器メーカー、セカンドライフを運営するリンデンラボを告訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.