3dRudder、「第25回3D&バーチャル リアリティ展」に「3dRudder CAD エディション」を出展

 

3dRudder、「第25回3D&バーチャル リアリティ展」に「3dRudder CAD エディション」を出展

フランス・マルセイユに拠点を置く3DRudderが、株式会社アスクの協力のもと、6月21日~23日まで開催される「第25回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」にてCADソフトRhino 3D対応3dRudder「3dRudder CADエディション」を出展する。ブースNo.は「47-3」(東1ホール、株式会社アスクブース内)。

「3DRudder」は、VRや3D環境のゲームはもちろんCAD、CAMにも対応したコントローラーで、世界最大の家電見本市「CES2016」でイノベーションアワードを受賞した製品。ユーザーは実際に足を使ってVR空間を移動できるため、「移動=手」が解放され、より現実に近く、多くの動作をVR空間で楽しむことができる。
「3dRudder CADエディション」は、CADユーザー向けの3dRudderの機能追加版。移動における最も直観的な方法である「足」でデザイン周辺の位置を自由に移動し、手を自由に使える様になる事でより設計の自由度がより向上する。Windows 7、8および10(64ビット)に対応し、好きなマウスまたはグラフィックペンと組み合わせることが可能。主な特徴は以下のとおり。

3dRudder CADエディション:
3dRudder CAD エディションは、すぐに使用できるセットとなっています。
– 3dRudder本体
– Rhino 3D用CADプラグイン+ 1年間の無償アップデート

3dRudderは近日中に他の主要なCADソフトウェア用のプラグインをリリースする予定です。これらの新機能は、プラグインのアップデートに含まれ、1年間無料で提供されます。

5分以内に使用可能:
3dRudder CAD エディション(または3dRudderをすでに所有している場合、プラグインのみ)をご注文後、3dRudder本体をPCに接続し、プラグインを当社ウェブサイトからダウンロード・インストール、ライセンスを有効化、Rhino 3Dを起動、プラグインをインストールすることで作業を開始出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket