米Microsoft、体の動きでゲームを操作できるXbox向け新機能「Project Natal」を発表 さらにソーシャルメディアサービスも統合へ

   2013/01/02

米Microsoft、体の動きでゲームを操作できるXbox向け新機能「Project Natal」を発表 さらにソーシャルメディアサービスも統合へ

Microsoftが、現地時間の6月2日より開幕する世界最大級のゲームの祭典「E3(Electronic Entertainment Expo)2009」に先駆け発表会「Xbox 360 E309 Media Briefing」を開催し、その中で体の動きや声でゲームを操作できるXbox 360に対応する新機能「Project Natal」を発表した。今後、この機能を利用した”コントローラーいらず”のゲームの開発が行われる見込み。

「Project Natal」は、RGBカメラと震度センサー、多チャンネルマイク、独自ソフト、カスタムプロセッサで構成されたデバイスで、体の動きを3Dでとらえてゲームと連動させ、コントローラーの必要なくゲームを操作できるようにする。また、プレイヤーの顔や言葉も認識可能。センサーの前に立つだけでXbox 360のオンラインサービス「Xbox LIVE」にログインできるようになるという。
さらに同社はこれと合わせXbox LIVEの新サービスも発表。今後ユーザーはXbox LIVEからFacebookを更新したりFacebook Connectを使ってゲームのスクリーンショットを直接投稿できるようになるほか、Xbox 360を通して家庭のスピーカーでストリーミング楽曲を聴くことができるようになる。またヴァーチャル映画館で映画が見られるXbox LIVE Partyでは、アバターを介して友達と一緒に映画を視聴しながらボイスチャットを楽しむことができる。今秋からは携帯型メディアプレイヤー「Zune」向けに提供されている映画やテレビ番組もXbox 360でストリーミングできるようになるとのことで、動画の楽しみ方がより一層広がりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket