Google、ブラウザ上で3Dグラフィックが見られる3Dビューア「Google O3D」を公開

   2013/02/21

Google、ブラウザ上で3Dグラフィックが見られる3Dビューア「Google O3D」を公開

米Googleが、同社の実験サイト「Google Labs」にてWebブラウザ上で3Dグラフィックが閲覧できる3Dビューアソフト「Google O3D」をリリースした。

Google Labsは、同社の開発者が実験的に開発している様々なソフトウェアを公開してユーザーのフィードバックを得、それを基にさらにより良いソフトにするためのサイト。以前公開していた3D仮想空間「Lively」もGoogle Labs内で公開されていたサービスだった。
今回新たに公開された「O3D」は、IEやFirefox、Safari、ChromeといったWebブラウザ上で3Dグラフィックが閲覧できる3Dビューア。Windows、Mac OS X、Linuxで利用できるが、まだ初期段階の状態なので、PCのスペックによっては少々不安定になることもあるとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket