レゾナント、セカンドライフ施設も使用した地域団体向けの支援サービスを開始

 

レゾナント、WebとSNS,セカンドライフを連動させた地域団体向けの支援サービスを開始
レゾナント・ソリューションズ株式会社が、同社提供のオープンソース型ケータイ対応ポータルパッケージを使用し、地域を支援する公的な組織・団体を対象に、WebサイトやSNS、セカンドライフ内のコミュニティを連動させた支援サービスの提供を開始した。


同サービスの内容は、同社がカンドライフ内で運営する教育施設ITQ(ICTトレーニングセンター九州)や地域公民館、教育機関内研修施設で研修(体験、実習)を行い、各参加会員や学生がコンピュータリテラシーを持てるよう支援するというもの。
また、9月25日(木)より、大分の20団体によるモニター(システムの無償提供)も行い、セカンドライフ内でのコミュニティ空間を提供していくとのこと。
レゾナント・ソリューションズ株式会社
http://www.resonant-sol.jp
関連記事:
レゾナント、SNS&セカンドライフと連携する大分市東部向けのポータルサイトを開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.