アバターSNSの「WeeWorld」、2400万ユーザーを突破

   2016/01/01

アバターSNSの「WeeWorld」、2400万ユーザーを突破

若者向けの2DアバターSNS「WeeWorld」が、サービス開始以来これまで作成された2Dアバターの数が2400万を突破したと発表した。

「WeeWorld」は、アメリカのアニメ「サウスパーク」のキャラクターのような2等身アバター「WeeMees」が作れるアバターSNS。作ったアバターを外部のブログやSNS、IMなどに貼ったり携帯の待ち受け画像にできるのが特徴で、今年5月に仮想空間サービスも立ち上げた。主なユーザー層は20代の若い女性で、著名アーティストやブランドもプロモーションに活用している。
同サービスは今年3月に1億PV(ページビュー)と2100万ユーザーを達成し、9月22日(月)に2400万ユーザーを突破したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.