若者に人気の米3D仮想空間「IMVU」、通算2000万アカウントを達成

   2013/06/18

若者に人気の米3D仮想空間「IMVU」、通算2000万アカウントを達成

10代を中心に人気のアメリカの3Dオンラインコミュニティサービス「IMVU」が、同サービスのアカウント登録者数が2000万人に達したと発表した。

IMVUは2004年よりサービスを開始した3D仮想空間。主なサービスはチャットとIMだが、アバターチャットサービスとしては珍しく服飾アイテムや家具アイテム、チャット用の部屋などのワールド内の各種アイテムをユーザー自身で製作・販売できるのが大きな特徴。全体のユーザーのうち約10万人がアイテムのクリエイターとして登録しており、今まで約170万点ものアイテムがユーザーによって製作されたという。またIMVUの収益も90%が仮想通貨の販売で、残りの10%が広告収入とのことで、既にSecond Lifeのように”仮想経済圏”のようなものが形成さていることがうかがえる。なお、Second Lifeで不動産王として知られているアンシェ・チャン氏もIMVUビジネスに参入している
今後IMVUでは、セブンイレブンなどの小売店で購入できるプリペイドカードの販売も開始するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.