クリエーションライン、OpenSIMも使えるHaaSソリューションを発表

 

クリエーションライン、OpenSIMも使えるHaaSソリューションを発表
クリエーションライン株式会社が、業務アプリケーションを付与した HaaS(Hardware as a Service)ソリューション「COH(Create On HaaS)」を発表した。サービスオプションの第一弾として、独自の3D仮想空間が持てる「OpenSIM On COH」を提供するとのこと。


「COH」は、サーバ・ネットワーク機器などのインフラとなるハードウェアをサービスとして提供するため、ユーザー側はソフトウェア・ハードウェアを用意するする必要がなく、利用開始後の運用・メンテナンスも軽減できるというメリットがあるとのこと。利用した時間とデータ量により課金されるようになっている。
また同社では、サービスオプションの第一弾としてユーザーが独自の3D空間を持つことができる「OpenSIM On COH」も発表した。同サービスはログの収集・既存サービスとの連携など多様なカスタマイズが可能で、ユーザーの動作ログ収集や既存のSNSサービスとの連携などもできる。また1区間あたりのログインユーザー数にも制限のないよう構築することもできるのでイベント開催にも有効、一定期間だけの利用も可能だという。
今後サービスオプションは「グループウェア」「CRM」「SFA」などの業務アプリケーション及び「セキュリティソリューション」への展開も予定しており、各企業からの個別依頼も受け付けているとのこと。
クリエーションライン株式会社
http://www.creationline.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.