ディズニー、自社キャラクターと連動した新しい仮想空間を開発

   2013/02/27

ディズニーOnlineが、2月17日~20日にニューヨークで開催された玩具の見本市「International Toy Fair 08」にて、同社の「ティンカーベル」などの妖精キャラクターと連動した女の子向けの仮想空間「Pixie Hollow」を開発すると発表した。

同サービスは「DisneyFairies.com」のサイトに構築されるとのことで、ユーザーは妖精のアバターをカスタマイズし、ミニゲームで遊んだり他のユーザーとチャットやメッセージ送受信ができる。
同社ではこの仮想空間に接続できる玩具も発売するとのことで、リアルの玩具と仮想空間とを連動させた展開をするとのこと。
正式なサービス開始時期はまだ未定だが、今年後半にはサービスの第一段階を立ち上げるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket