9.11 セカンドライフにおける”追悼”の形

   2012/12/02

9.11 セカンドライフにおける”追悼”の形

セカンドライフ内に、アメリカ同時多発テロ事件(9.11事件)の犠牲になった人々を追悼するスペース「911 – September 11th Memorial / WTC – World Trade Center」が存在する。今年もアメリカ時間の9月11日には追悼の意を表す多くのセカンドライフユーザーで賑わった。現在も国籍を越え多くのユーザーが訪れている。

9.11 セカンドライフにおける”追悼”の形

「911 – September 11th Memorial / WTC – World Trade Center」は「dAlliez Land Headquarters」の一角にあるプール状のスペースで、プールの壁面には犠牲になった全ての人の名前が刻まれている。また犠牲になった人の顔写真や事件当日の現場の様子を伝えるボード、追悼文などが展示されている別室も用意されており、献花や蝋燭などのオブジェクトが置かれている。中には犠牲者の遺族か関係者だろうか、名簿中の個人名の部分に直接花や写真を飾っているケースも。
まだここを訪れたことの無い人は是非訪問し、平和に思いを馳せてみよう。

9.11 セカンドライフにおける”追悼”の形 9.11 セカンドライフにおける”追悼”の形

「911 – September 11th Memorial / WTC – World Trade Center」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/dAlliez%20Land%20Headquarters/108/148/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket