モトローラ財団、教育推進セカンドライフプロジェクトに寄付

   2013/01/28

モトローラ財団が、セカンドライフを利用した若者の教育推進プロジェクトを開発した「Global Kids」に補助金を寄付したと発表した。

モトローラ財団は携帯電話メーカーのモトローラ社の独立した慈善団体で、科学やテクノロジー、エンジニアリング、数学プログラミングの分野の教育を特に支援している。一方Global Kidsはニューヨークを拠点に都市部の若者の教育を推進する活動を行っている企業で、セカンドライフを利用して若者に科学やテクノロジー、数学などの教育を受けさせる高校生向けのカリキュラムを開発した。モトローラ財団が寄付した金額は350万ドルで、主に女子学生とテクノロジー分野でまだ少数派の人種をサポートするために使用されるという。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket