アララとニューフォリア、ARアプリが簡単に作成できる「アプリカン with ARAPPLI PLUS+」を提供開始

 

アララとニューフォリア、ARアプリが簡単に作成できる「アプリカン with ARAPPLI PLUS+」を提供開始

アララ株式会社株式会社ニューフォリアが、共同でニューフォリアが展開するスマートフォンアプリ開発サービス「アプリカン」にてAR(拡張現実)機能を持つアプリが簡単に作成できるサービス「アプリカン with ARAPPLI PLUS+」を提供すると発表した。

「ARAPPLI PLUS+」はスマートフォン向けARプラットフォーム「ARAPPLI」のAR描画再生エンジンとARコンテンツマネージメントシステムを開発者に提供するサービスで、「アプリカン」はユーザーがHTMLとJavaScript、CSSで構成・開発したWebアプリをiOS/Android向けネイティブアプリとしてパッケージするサービスです。今回リリースされた「アプリカン with ARAPPLI PLUS+」は、「ARAPPLI PLUS+」が提供するAR機能を「アプリカン」のオプションサービスとしてアプリに簡単に組み込むことができるというもの。利用にあたっては、ユーザーはアララと「ARAPPLI PLUS+」の利用契約を結び、発行される認証キーを「アプリカン」のコンテンツ管理画面に入力し、API呼び出しの際にコンテンツIDを指定することで、所定のQRコードを検出すると事前に登録したコンテンツがカメラの撮像と合成されて表示されるARアプリが開発できる。「アプリカン」で作成したアプリには広告が表示されるが、全て無料で利用可能。また、広告が表示されないアドバンスプランは10万円(アプリ1本あたりの料金)で利用できる。ARオプションの利用については別途アララとの契約が必要だが、「アプリカン」での追加料金は発生しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket