ボール州立大学図書館、セカンドライフに「仮想図書館」建設を計画

   2013/01/14

アメリカのインディアナ州にあるボール州立大学図書館が、同大学が所有しているテキストデータや写真、音楽、映像などの資料を仮想世界のユーザーも自由に閲覧できるよう、セカンドライフ内に図書館を作ることを計画している。

同大学のアーサー・ハーフナー学部長は、6月にセカンドライフ上に図書館を作る研究グループを発足。セカンドライフに提供できる図書館サービスについて現在研究しているとのこと。
また、同大学は既にミドルタウン研究センターの「ミドルタウンプロジェクト」と共同で仮想アーカイブ構築の研究を行っている。
現在、同大学はこの”仮想図書館”プロジェクトに協力してくれる学生や教授陣を募集しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket