VR ニュース

クリーク・アンド・リバー社ときんでん、名同時にVR体験が可能な「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」を共同開発

投稿日:

株式会社クリーク・アンド・リバー社が、総合設備工事を手掛ける株式会社きんでんと共同で、工事車両の操作ミスによって生じる逸走災害をVR空間内で体験できる「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」を開発した。 クリーク・アンド・リバー社がVRアプリケーションシステムを開発し、きんでんが教育シナリオ構築・監修を担当したという。

クリーク・アンド・リバー社ときんでん、名同時にVR体験が可能な「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」を共同開発

このツールは、体験者がVRヘッドマウントディスプレイとモーションコントローラーを装着して、VR空間内で工事車両の操作を体験できるというもの。同時に3名で体験を共有できるのが特長で、複数人が連携して作業を行う配電工事の現場が再現され、自分自身の危険感受性を向上させると共に、仲間を守るために安全上配慮すべき点についてグループ討議が行える。なお、ツールは作業指揮者・高所作業車操作者・被災者の役割で、3名がそれぞれの視点で同時に災害を体験できるように設計されている。

クリーク・アンド・リバー社ときんでん、名同時にVR体験が可能な「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」を共同開発

【本教育ツールの特徴】
(1)3名同時にVR上での災害体験が可能
(2)設置作業が容易
(3)運搬・持ち運びが容易
(4)新規コンテンツの追加が容易

【本教育ツールのハードウェア仕様】
(1)VRゴーグル:「Oculus Quest」※3台同時使用
(2)コントローラー:「Oculus Touch」
(3)モニタリング用PC:3名の動きを俯瞰的に確認できるPC

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.