VR ニュース

SNS「FiNANCiE」がVRライブプラットフォーム「VARK」と提携

更新日:

株式会社フィナンシェが、同社が運営するSNS「FiNANCiE」上にて、新型コロナウイルスの影響により開催予定だったコンサートやライブが中止になり、今後も開催の見通しが立たないアーティストに対して、他社との連携を強化していくことによる支援サービスを提供すると発表した。その第一弾として、VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社ActEvolveと提携する。

SNS「FiNANCiE」がVRライブプラットフォーム「VARK」と提携

「FiNANCiE」は、夢を持つオーナーと夢を応援するサポーターが出会い、その実現に向けて一緒に歩むためのファンコミュニティサービス。アーティストや俳優、アスリートなど夢を達成したい人やグループがオーナーとなって、FiNANCiE上で発行するトークン販売でファンディングができ、そのトークンをコミュニティ活動に利用することで、ファンと継続的に応援してもらえる関係を築くことができる。また、将来コミュニティの成長に伴ってトークンの価値が上がる可能性もあり、ファンにとっても活動を支援することで自分自身のメリットに繋がる、新しい応援の形を体験することができる。
今回の提携により、アーティストは「FiNANCiE」でトークンを販売する形でクラウドファンディングを実施し、その販売収益を活用してVRを始めとしたバーチャルライブ開催するための費用に充当できるようになる。トークンの購入者は、バーチャルライブ上でアーティストに花束を贈れるなど特別な特典を受けることができる。またアーティストは、「FiNANCiE」のコミュニティ機能を活用して、ライブ開催前から応援してくれたファンとオンラインで交流することも可能。なお、アーティストは「VARK」上にて、モデリングから会場設定などバーチャルライブに関する一切を行うことができ、「FiNANCiE」のトークン販売の収益を活用することで、アーティストにとっては費用負担が無く実施できるため、リスクを極力抑えることができる。
通常、「FiNANCiE」での初期トークン販売時の手数料は10%だが、バーチャルライブの開催に関しては2020年4月~6月末までは0%となる(マーケット利用料10%は除く)。
実際のバーチャルライブ開催までの流れは以下のとおり。

SNS「FiNANCiE」がVRライブプラットフォーム「VARK」と提携

■実施の流れFiNANCiEのオーナーとして参加。
1.自身のトークンを発行しコミュニティを組成。自身の夢やミッションを発信いただきます。
2.ActEvolve社とどのような規模、演出でライブを開催したいか相談しながら進行します。
3.バーチャル上でライブを開催。弊社からもプレスリリースや公式SNSで宣伝のお手伝いをさせていただきます。

<公募条件>
・日本国籍
・年齢は問いませんが、未成年の場合は保護者の同意が必要になります

<留意事項>
・当サービスの実施可否や時期は応相談になります

<申込方法>
取り組みの詳細やオーナーの参加希望は下記フォームからお問い合わせください。
https://financie.jp/campaign/publicoffer/

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.