アプリ ニュース

LINE、トークルームごとにプロフィール設定を変更できる新機能「OpenChat」を提供開始

投稿日:

LINE株式会社が、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」 にて、グループ機能を拡張した大型新機能「OpenChat」の提供を開始した。利用にはiOS でVer.9.12.0以上、AndroidでVer.9.13.0以上の「LINE」をインストールする必要がある。

LINE、トークルームごとにプロフィール設定を変更できる新機能「OpenChat」を提供開始

「OpenChat」では参加するトークルームごとにプロフィールの名前と写真を変更できる。現在「LINE」で使用しているプロフィールとは別のプロフィールを設定してトークに参加したい場合や、趣味やライフスタイルの共通点についてグループトークをしたいけれど「LINE」で友だちになる程ではない場合に最適で、「OpenChat」のプロフィールの登録や更新は「LINE」に元々登録しているプロフィールに反映されることはない。また、「OpenChat」では管理人制度が導入されており、トークルーム作成者は管理者となり、NGワードを登録することができるアンチスパムボット機能などを活用しながら健全なトークルームを維持しつつ運営を進められる。管理者は共同管理者を最大100名まで指名することもできる。「OpenChat」作成時には、利用目的・用途に合わせ、招待/参加方法は誰もが参加可能なトークルーム、管理者が参加を承認するトークルーム、参加コードの入力が必要なトークルームの3種類から選択可能。招待/参加方法は途中で設定内容を変更することもできる。なお、「OpenChat」では、参加前のトーク履歴をテキストであれば約180日、画像は約30日前までさかのぼって閲覧でき、情報収集や参加前のトークの内容・雰囲気の把握に役立てることができる。「OpenChat」の一つのトークルームに参加できるのは最大5,000名まで。

LINE、トークルームごとにプロフィール設定を変更できる新機能「OpenChat」を提供開始

LINEでは他企業・サービスとの連携企画の一環として、世界累計3億プレイヤーを突破した人気ゲーム「荒野行動」と「OpenChat」の連携を年内に予定しているという。この連携により「荒野行動」の戦隊画面から、戦隊メンバーとのトークルームをゲーム内ボタンで作成することができるようになり、ゲームからシームレスに「OpenChat」へ移行できることで、より手軽に仲間とのトークルームを作成でき、楽しむことができるようになる。作成後はゲームを離れている時でもLINEのトーク画面を通じて戦隊メンバーとトークを楽しめる。
この仕組みはLINE GAME Platformと連携することで、よりゲームに特化した機能として提供するもので、「荒野行動」が第一弾として予定されている。

-アプリ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.