VR ニュース

Yspace、宇宙×VRを用いたサービスの提供を発表

投稿日:

合同会社Yspaceが、7月9日に東京都港区で開催された宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE2019」のスタートアップピッチにて、”宇宙VR”を用いたサービスの提供を開始すると発表した。今後同社はVRを用いた宇宙コンテンツ制作やコンサルティングの受託をはじめ、全国の科学館やシッピングモールなどの商業施設への販売を行っていくという。

Yspaceでは科学的な根拠を盛り込んだ作品を制作を目指しており、衛星データやその解析結果をコンテンツの中でわかりやすく体感できるようにしている。6月にG20つくば貿易・デジタル大臣会合での展示で用いられた作品「Yrinage Moon(槍投げムーン)」には、一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)との共同開発で制作された月の3D地表のモデルが使用されているほか、様々な科学的知見をVR空間の中で体感しながら学べるような工夫がなされており、体験者はゲーム感覚で楽しみながら宇宙に関する様々な知識を自然と学ぶことができる。

Yspace、宇宙×VRを用いたサービスの提供を発表

Yspaceでは既に複数の宇宙VRコンテンツを開発しており、未来の月面都市の体験や宇宙でのスポーツ、宇宙旅行などを題材としたVRコンテンツを提供可能。他にも、サービスとして主にVRコンテンツの制作やコンサルティングの受託、それらを利用したイベントや理科教室も開催している。

Yspace、宇宙×VRを用いたサービスの提供を発表

Yspace、宇宙×VRを用いたサービスの提供を発表

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.