avexとGMS、モバゲーにてBeeTV新作ドラマ「パーティーは終わった」を題材にしたソーシャルゲームを提供

   2014/11/18

DeNA、モバゲーにてBeeTV新作ドラマ「パーティーは終わった」を題材にしたソーシャルゲームを提供

エイベックス通信放送株式会社(以下エイベックス通信放送)と株式会社GMS(以下GMS)が、本日より株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が運営する携帯向けSNS「モバゲータウン」にて、BeeTV新作ドラマ「パーティーは終わった」を題材にしたソーシャルゲーム「パーティーは終わった -胸キュン騎士-」の提供を開始した。この取り組みは、GMSがゲームの開発および運営を手掛け、エイベックス通信放送が全体監修を行うという共同プロジェクトとなっている。

「パーティーは終わった -胸キュン騎士-」は、ユーザーがドラマ「パーティーは終わった」のヒロイン十朱(仲里依紗)と同様のポジションでプレイをして、パーティーの中で次々と男性に出会い恋愛度を上げていく恋愛ゲーム。ユーザーは自分のアバターを装飾したり、他のプレイヤーとグループを作って協力をし合いながらゲームを進め、ある一定以上恋愛度が上がると男性との恋愛イベントが発生するという仕組みになっている。 また、同タイトル携帯専用放送局であるBeeTVの新作ドラマ「パーティーは終わった」の配信開始と同日にスタートするため、ユーザーはゲームを通してドラマの世界観を体感することができる。
モバゲータウン上でBeeTVのコンテンツをソーシャルゲームとして提供するのは今回が初の事例となる。DeNAは今後も同様の展開を検討しているとのこと。

DeNA、モバゲーにてBeeTV新作ドラマ「パーティーは終わった」を題材にしたソーシャルゲームを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.