VR ニュース

H2L、手指の動きを検出する筋変位センサー搭載コントローラーでロッボットアームを操作する“BodySharing Robotics”を実現

投稿日:

H2L株式会社が、同社が提供するアームバンド型デバイス「FirstVR」や「UnlimitedHand」といった筋変位センサーを搭載したコントローラーによるロボットアームの連携“BodyShating Robotics”を実現した。

“BodySharing”とは「体験共有」という意味で、キャラクターの身体やロボットの身体、人の身体と、ユーザーの様々な感覚(位置覚、重量覚、抵抗覚)を相互共有することを指す。一方向だけの操作ではなく双方向の情報共有が可能なのが特徴で、同社ではこの技術の研究開発成果を応用し、手や腕の位置覚や重量覚を光学式筋変位センサーによって推定する「FirstVR」や、センシングに加えて電気刺激によって固有感覚を提示する「UnlimitedHand」などのハードウェアとそれに付随するソフトウェアを展開し、さらに開発SDKを企業や法人向けに提供を開始する。

H2L、手指の動きを検出する筋変位センサー搭載コントローラーでロッボットアームを操作する“BodySharing Robotics”を実現

H2L、手指の動きを検出する筋変位センサー搭載コントローラーでロッボットアームを操作する“BodySharing Robotics”を実現

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.