VR ニュース

ジョイポリスのVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」の第3弾「OUTBREAK ORIGINS」が3/16より稼働

投稿日:

CAセガジョイポリス株式会社が運営する東京・台場の屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」が、春の目玉として新アトラクション2機種を順次オープンする。人気VRアトラクション「ZERO LATENCY VR」に、より没入感を追及した新作タイトル「OUTBREAK ORIGINS(アウトブレイク オリジンズ)」を2019年3月16日(土)に、タイのタクシー「トゥクトゥク」をモチーフとした賞金かせぎレースアトラクション「Spicy Taxi (スパイシータクシー)」を2019年3月20日(水)に投入する。

ジョイポリスのVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」の第3弾「OUTBREAK ORIGINS」が3/16より稼働

「Spicy Taxi」は、タイのタクシー「トゥクトゥク」に乗り、賞金を稼ぐ新感覚レースアトラクション。本物の「トゥクトゥク」を改造したライドは最大4人乗りで、360オーバーの旋回やウィリーなど、今までにないモーションシステムが導入されているほか、英語、中国語と外国語にも対応可能。子供からカップル、海外出身者と幅広い層が楽しめるVRアトラクションとなっているという。

▼料金
東京ジョイポリス入場料+600円(税込)
※パスポートチケット(入場料+アトラクション乗り放題)利用可能。
▼プレイ人数
1~20名(最大4人乗り×ライド5台)
▼プレイ時間
約4分
▼オープン日
2019年3月20日(水)予定
▼紹介ページ
http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/spicytaxi.html

ジョイポリスのVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」の第3弾「OUTBREAK ORIGINS」が3/16より稼働

「OUTBREAK ORIGINS -Zombie Survival episode 0-」は、プレイヤーが能動的に動くことができる「フリーローム」と、他のプレイヤーと協力プレイが可能な「6人同時プレイ」が特徴のVRゾンビゲーム。VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の利用と、フリーローム・マルチプレイというゲーム性により、圧倒的な仮想現実への没入感を体験することができるコンテンツとなっている。本作は初作「ZOMBIE SURVIVAL」、第二作「SINGULARITY」に続き第三作目にあたるタイトルで、初作「ZOMBIE SURVIVAL」の世界観を踏襲しながら、より”起源”に迫るストーリーとなっており、第二作「SINGULARITY」と同様、プレイヤーが進むたびにマップが更新されていくゲームシステムが採用されているため、フリーローム型VR特有の没入感をさらに追及した作品となっている。

▼料金
東京ジョイポリス入場料+2,000円(税込)
※時期により変更する場合がございます。
※パスポートチケット(入場料+アトラクション乗り放題)利用不可。
※要事前予約。
▼プレイ人数
1~6名
▼年齢制限
13歳以上
▼プレイ時間
30分(ブリーフィング時間15分+プレイ時間15分)
▼オープン日
2019年3月16日(土)予定
▼予約受付開始日時
2019年2月23日(土)10:00から(予告なく変更する場合がございます)
▼特設予約サイト
http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/index.html

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.