VR ニュース 仮想アイテム 仮想空間

VRサービス「cluster」、マネタイズ可能なギフティング機能「Vアイテム」を一般公開

投稿日:

クラスター株式会社が、同社が運営するソーシャルVRサービス「cluster」にてギフティング機能「Vアイテム」を一般公開すると発表した。

VRサービス「cluster」、マネタイズ可能なギフティング機能「Vアイテム」を一般公開

「cluster」は、誰もがVR仮想空間内で音楽ライブやカンファレンスなどのイベントを開催したり、チャットルームを作ることができるサービス。同時に数千人と接続可能で、これにより大規模なバーチャル音楽ライブの開催を可能にし、バーチャル空間での"集まる"熱狂体験を提供することができる。
「Vアイテム」とは、昨年10月にリリースした機能で「cluster」内で開催するイベント時に、配信者にバーチャルアイテムを贈り、マネタイズをサポートすることができるギフティング機能。花束や打ち上げ花火などの3Dアイテムを生放送中に贈ることで、視聴者も番組を直接的に盛り上げたり、配信者を応援することで、よりその場の「体験に参加」することが可能になる。
これまで、「Vアイテム」は、クラスターが主催とする一部イベントを対象とした機能として提供してきたが、今回のアップデートにより、この機能を一般公開することで、「cluster」上で開催される全てのイベントで使用可能となり、「cluster」でイベントを開催し、配信を行う誰もが自由にマネタイズできるようになる。
贈られた「Vアイテム」は、「cluster」上での通貨である「Vポイント」として変換される。現在は現金化のみの運用となるが、、今後のアップデートにより有料チケットや物販、Vアイテムの購入が可能となる仕組みの構築を目指すという。(「Vポイント」の払い出し機能は後日アップデート予定)

VRサービス「cluster」、マネタイズ可能なギフティング機能「Vアイテム」を一般公開

Vアイテムの詳細はこちら
https://vitem.cluster.mu/

-VR, ニュース, 仮想アイテム, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.