AR VR ニュース

BiPSEE、病院に来る子供の不安を軽減するVRシステム「BiPSEE医療XR(仮)」の導入試験を開始

投稿日:

株式会社BiPSEEが、2019年1月より医療法人社団鉄医会ナビタスクリニック立川で「BiPSEE医療XR(仮)」の導入試験を開始する。待合室から診察室、医療処置への流れを「魔法のドア」→AR→VRという流れのあるストーリーで支え、小児領域での不安と痛みの軽減に応えるという。

BiPSEE、病院に来る子供の不安を軽減するVRシステム「BiPSEE医療XR(仮)」の導入試験を開始

子供の受診には 、待合室で待つ、診察室に入る、処置・治療を受ける、というハードルがあり、同社は2018年7月に、それぞれのハードルを支える個別のVRサービスを導入したが、別々のサービスを繋ぐという形では効果に個人差が大きく、十分ではなかったという。
「BiPSEE医療XR(仮)」はARとVRを組み合わせた小児対象の治療支援システム。ARでは、待合室から診察室・治療室へのドアに「魔法のドア」を登場させ、子供がドアをくぐって診察室に入ると、診察室で魚が泳いでいる演出を加える。子供には現実の風景も見えるので、椅子やベッドに安全に移動でき、子供の姿勢が安定したことを確認してボタンを押すと、ARが徐々にVRに切り替わる。現実の世界から段階的にAR、VRへと環境が変化することで、子供の「想像する力」「想像を楽しむ力」を引き出し、没入感を高めることができる。

BiPSEE、病院に来る子供の不安を軽減するVRシステム「BiPSEE医療XR(仮)」の導入試験を開始

導入試験の開始にあたり、同社ではクリニックの医師や看護師、受付スタッフと一緒に検証を重ねており、子供への支援を持続可能なものとするため、医療スタッフに負担をかけない工夫も続けていくという。

-AR, VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.