AR ニュース

ARスポーツ「HADO」を展開するmeleapが7.2億円の資金調達を実施

投稿日:

ARスポーツ「HADO」を展開するmeleapが7.2億円の資金調達を実施

ARスポーツ「HADO(ハドー)」を国内外で展開する株式会社meleapが、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社、インキュベイトファンド、キャナルベンチャーズ株式会社、有限会社秀インター、SMBCベンチャーキャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額7.2億円の資金調達を実施したと発表した。これにより同社の累計調達金額は11.1億円となったという。

meleap(メリープ)は、「テクノスポーツで世界に夢と希望を与える」というビジョンを実現するため、HADOをはじめとするARスポーツ事業を展開している。
「HADO」は、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つAR技術を使ったスポーツで、3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。同社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界23ヶ国52箇所に店舗を展開しており、これまでに延べ130万人以上がHADOを体験。売上における海外比率も60%となり、グローバルで稼げる体制が整ってきたとのこと。
12月8日には第三回となる世界大会「HADO WORLD CUP 2018」を開催予定で、世界7カ国(日本、イギリス、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、香港)で開催された予選を勝ち抜いた代表チームが集まり、世界ナンバー1を目指して競う。また、WORLD CUP以外にも強豪チームのみが参加できるMASTER’S LEAGUEやADVANCE CUPなど様々な大会を年間80試合開催する。
今後同社では、この大会事業を進化させプロリーグを立ち上げることを目標としており、今回の資金調達にあわせ、放送コンテンツとしての開発投資を行い、視聴者を増やすことに注力していくとしている。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.