VR ニュース

ビジネス英語コーチング&レッスンのトライズ、VRプログラム「Smart Tutor」を導入

投稿日:

ビジネス英語コーチング&レッスンのトライズ、VRプログラム「Smart Tutor」を導入

コーチング英語プログラム「TORAIZ(トライズ)」を運営するトライオン株式会社が、より実践的な英語力の向上をはかるため米PlusOne, Inc.が開発したVRトレーニングソフトウェア「Smart Tutor(スマート チューター)」の導入をトライズ東京赤坂センターにて開始した。

「TORAIZ」は2015年6月よりサービスを開始したコーチングビジネス英会話プログラム。受講生一人ひとりにあわせた目標設定、その実現のための自己学習プログラムの作成、日々の学習サポート、2週間に一度の面談での進捗チェックを、専任のイングリッシュ・コンサルタントが担当。さらに、自己学習をアウトプットする場として、豊かな経験を持つネイティブ講師とのオンライン・レッスンやグループ・レッスンを学びの場ではなくケーススタディとして実施し、インプットとアウトプットのサイクルを作ることで、日本にいながらにして、実践的なビジネス英語を身に着けることができる。
「Smart Tutor」は、PlusOneが英会話スクール向けに提供するVRプログラム。AIを搭載したヒューマン・ホログラム「Holosapiens」が生徒のスピーチを、発音・流暢さ・スピーチペースなど7つの評価指標でリアルタイムに分析し、スピーチ内容を客観的にスコア化することができる。また、英会話スクールは自社コンテンツをVR内のコンテンツに手軽に変換でき、生徒へ割り当てることが可能となるため、講師がウェブ上のツールから生徒の練習状況や評価指標のトラッキングを行い、指導に活かすこともできる。たとえば、生徒が特殊なテーマで英語のスピーキングをしたいという場合にも、それにあわせて講師がシナリオを作成・実装することができるので、どうしても合う教材がない場合にも対応することができる。
同社では、まずは東京赤坂センターにて「Smart Tutor」の導入を開始し、順次導入センターの拡大を予定しているとのこと。

-VR, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.