VR ニュース

JTBとナーブ、九州6県のJTB12店舗にてVRを活用した接客を開始

投稿日:

JTBとナーブ、九州6県のJTB12店舗にてVRを活用した接客を開始

株式会社JTBと株式会社JTB情報システム、ナーブ株式会社の3社が、九州6県のJTB12店舗において、VRを活用した接客サービスの実証実験を開始した。

このサービスは、これまで以上に顧客のニーズにマッチする旅行商品を提案することを目的としたもので、JTB店舗で360度のVR映像を体験してもらい、ホテルの館内に実際に入ったような感覚を得ながら、旅行相談をすることが可能となる。企画・運営およびVRコンテンツの編集はJTB情報システムが担当しており、店舗で使用するVRゴーグルはナーブの「CREWL(クルール)」を使用。まずは8月20日から約3カ月間実施する予定とのこと。実施概要は以下のとおり。

■導入店舗(計12店舗)
【福岡】①トラベルゲート天神 ②岩田屋本館店 ③博多マルイ店 ④小倉店 ⑤井筒屋旅行センター小倉店
⑥イオンモール八幡東店 ⑦イオンモール筑紫野店
【長崎】⑧長崎店 【大分】⑨大分店 【熊本】⑩熊本店 【宮崎】⑪宮崎店 【鹿児島】⑫鹿児島店

■コンテンツ概要
サービス開始時、VRで閲覧できるコンテンツは、海外ホテルの客室、外観、レストラン、プール、ラウンジなどです。ハワイなど、5方面の計85ホテル約400件の体験が可能です。
・対象地域:ハワイ、ニューカレドニア、タヒチ、バリ、グアム
・対象ホテル:計85
・対象コンテンツ:約400件
※9月からは対象地域にシンガポールを追加予定。さらに対象地域やホテルは今後拡大する予定です。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.