VR ニュース

BiPSEE、歯の治療の苦痛をVRで軽減する「BiPSEE歯科VR」のサービス提供を開始

投稿日:

BiPSEE、歯の治療の苦痛をVRで軽減する「BiPSEE歯科VR」のサービス提供を開始

株式会社BiPSEEが、2018年7月19日より歯の治療時の苦痛をVRで軽減する「BiPSEE歯科VRシリーズ」の提供を開始する。

BiPSEE、歯の治療の苦痛をVRで軽減する「BiPSEE歯科VR」のサービス提供を開始

「BiPSEE歯科VR」は、歯の治療中に患者が装着するVRサービス。VRゴーグルで視界が遮断され、動画に集中することで患者の痛みと不安を和らげるのが狙いで、姿勢誘導技術(特許出願中)により治療に最適な姿勢を保つことができる。
子供の歯科受診には、来院すること、待合室で待つこと、治療室に入ること、処置・治療を受けることの「4つのハードル」があるが、同社ではそれぞれのハードルを子供が無理なく乗り越えることができるよう、既存の「BiPSEE歯科VR」に新たに3種類のVRサービスを追加した。各サービスの詳細は以下のとおり。

■ BiPSEE歯医者さん体験VR(新サービス)


協力: KENオーラルケアクリニック 院長 齋藤 健介 先生
VRの「他者視点を体験する」という特性を利用したサービスです。こどもが歯医者さんになり、歯みがきの難しさと大切さを大人の患者に伝える、という内容です。歯医者さんという役割を担うことで、こどもが自分自身の歯みがきや歯のケアの重要性に気づくきっかけを作ります。歯科医院はもちろん、保育園や幼稚園など、歯科医院以外でも活用できます。

■ BiPSEEこんにちは!歯医者さんVR(新サービス)


協力: 医療法人社団栄昂会 細田歯科医院 院長 中原 維浩 先生
VRの持つ「未知を既知に変える」力を活用したサービスです。来院前に歯医者さんや歯科医院の様子をVRで体験することで、”優しそうな先生” ”楽しそうな場所だな”と親しみを感じることで、こどもの来院を後押しします。歯科医院はもちろん、保育園や幼稚園など、歯科医院以外でも活用できます。

■ BiPSEEミニVRゲーム(新サービス)


VRの「没入感」を活かした、待合室で利用するサービスです。待合室は治療の音などが聞こえるため、不安や恐怖感が大きくなりやすい場所でもあります。周囲の状況から離れ、こどもはVRの面白さに夢中。”次のお部屋で、別のVRもしようね!”との呼びかけで、「治療室へ入る」というハードルもぐっと下げることができます。

■ BiPSEE歯科VR
BiPSEE、歯の治療の苦痛をVRで軽減する「BiPSEE歯科VR」のサービス提供を開始
処置・治療中に利用するサービスです。VRの「Distraction」効果で、不安と痛みを和らげます。また「姿勢誘導技術(特許出願中)」により、治療に最適な姿勢を保つことができます。既に70人以上のこどもが体験しています。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.