サイバーエージェント、電子書籍関連事業のWoodyへ出資

 

サイバーエージェント、電子書籍関連事業のWoodyへ出資

株式会社サイバーエージェントが、電子書籍関連事業の株式会社Woodyの第三者割当増資を引き受け出資したと発表した。

Woodyは、サイバーエージェントに2007年に新卒入社し、2013年10月まで勤務していた中里祐次氏が2013年11月に創業したベンチャー企業。中里氏は子会社の株式会社サイバー・バズにて広告クリエイティブのディレクションに携わり、東京インタラクティブアドアワードを受賞。その後、子会社の取締役を経て2012年から退職時までアメーバ事業本部にてプロジェクト責任者を務めた。今後Woodyでは、電子書籍出版事業にて2014年春を目処に作家向け電子書籍専用の編集ツールを提供するほか、電子書籍のプロモーション事業を手掛ける予定とのこと。さらにプロの作家のみではなく、ブロガーなどの一般ユーザーが気軽に電子書籍を出版することができるサービスを展開していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket