VR ニュース

真正極楽寺・奈良国立博物館・凸版印刷、仏画「刺繡當麻曼荼羅」のタブレット用VRコンテンツを開発

投稿日:

真正極楽寺・奈良国立博物館・凸版印刷、仏画「刺繡當麻曼荼羅」のタブレット用VRコンテンツを開発

真正極楽寺、独立行政法人国立文化財機構奈良国立博物館、凸版印刷株式会社が、真正極楽寺が所蔵する江戸時代に製作された4.12m×3.99mにおよぶ刺繡で表された仏画「刺繡當麻曼荼羅(ししゅうたいままんだら)」の高精細デジタル撮影と微細な凹凸の質感の情報取得によりデジタルアーカイブを実施した。またこの際に取得したデジタルアーカイブデータを用いて、光源の変化によって表情が変わる刺繡糸の質感を凸版印刷の独自技術により再現し、繡仏の光沢や刺繡技法を鑑賞できるタブレット端末用VRコンテンツ「刺繡當麻曼荼羅」を開発した。このコンテンツは2018年7月14日(土)~8月26日(日)まで奈良国立博物館で開催される修理完成記念特別展「糸のみほとけ-国宝綴織當麻曼荼羅と繡仏-」で公開する。

このデジタルアーカイブ化では、日本最大級となる4.12m×3.99mの「刺繡當麻曼荼羅」を真正極楽寺の本堂にかけ、凸版印刷の高精細デジタルアーカイブ技術を用いて、約38億画素におよぶ高精細かつ映像規格BT.2020の色域基準に準拠した広色域なデジタル画像を取得。繡仏を描く刺繡糸の1本1本まで鑑賞可能にした。撮影においては、「刺繡當麻曼荼羅」に対して照明方向を変えて複数の写真を撮り、その得られた画像から入射光と反射光の方向・強度の関係を解析することで、対象物の微細な凹凸などといった質感特性をデータ化。この質感データを活用することにより、自由な照明位置から照らされた刺繡の見え方をCGで再現できるという。
タブレット端末用VRコンテンツ「刺繡當麻曼荼羅」は、こうして取得したデジタルアーカイブデータを活用し、光源の変化によって表情がかわる刺繡糸の光沢感を再現したもので、光のあたり方で刺糸一本一本の輝きが変わる芸術性の高い繡仏を、タブレットを操作することによって間近で鑑賞できる。
理完成記念特別展「糸のみほとけ-国宝綴織當麻曼荼羅と繡仏-」の開催概要は以下のとおり。

場 所 奈良国立博物館 特別展会場内
上映日時 2018年7月14日(土)~8月26日(日)
午前9時30分~午後6時(入館は閉館30分前まで)
毎週金・土曜日と8月5日(日)から15日(水)は午後7時まで
休館日 毎週月曜日※7月16日・8月13日は開館
観覧料金 一般1,500円/高大生1,000円/小中生500円

-VR, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.