VR VTuber ニュース

Gugenka、二次創作を応援するガイドラインのβ版を発表 第一弾は東雲めぐ

投稿日:

Gugenka、二次創作を応援するガイドラインのβ版を発表 第一弾は東雲めぐ

株式会社シーエスレポーターズのXR(VR/AR/MR)を活用した日本アニメデジタルグッズブランドの専属チーム「Gugenka from CS-REPORTERS.INC」(以下Gugenka)が、創作文化の発展のため、クリエイターに安心して創作活動を楽しんでもらえるよう「具現化二次創作ガイドラインβ版」(Gugenka Fanfic Guidelines β、以下GFG)を発表した。今後クリエイターの要望や社会情勢に基づき進化させ、一緒に同ガイドラインを育てていくとしている。

具体的なガイドラインの内容は、公式が別途、利用範囲を宣言しない限りは二次創作をする際、営利・非営利に関わらず公式への連絡は不要ろいうもの。ただし法人または100万円(税別)以上の売り上げがある場合は連絡が必要となる。クリエイターは別途、利用範囲の宣言をしない限り、同ガイドラインと同様のライセンスで作品を公開したことになり、別途利用範囲の宣言をする場合は、作品登録サイトやSNSなど、街灯作品に紐づく形で分かりやすい場所にその旨を記載する必要がある。なお、公式からクリエイターの作品を紹介したり応援したりする場合、また公式グッズ化の相談をする場合もあるとのこと。
このガイドラインの運用作品は「東雲めぐ」および彼女が主人公のアニメ作品「うたっておんぷっコ♪」に関する全ての著作物で、対象は個人のクリエイターとサークル。適用範囲は全世界で個人の営利・非営利活動、通常作品、デジタル作品全般。ただしR18、エロ、グロなどの公序良俗に反するものはNGとなる。コンセプトは

1.キャラクターを愛するすべてのみなさまとお互いに最大限の尊厳を持とう
2.自分の手でいちからつくろう
3.自由に使おう、自由に使ってもらおう
4.大きな売り上げがあがった場合は収益を還元しよう

の4点で、ガイドラインを守れば、連絡不要で自由に創作活動が行える。ガイドラインの詳細はこちら

-VR, VTuber, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.