VR ニュース

スマートツーリズム(旅×最先端技術)推進「VR旅行体験サービス」事業化に向けた実証実験を「ハルカス300」にて実施決定

投稿日:

スマートツーリズム(旅×最先端技術)推進「VR旅行体験サービス」事業化に向けた実証実験を「ハルカス300」にて実施決定

KNT-CTホールディングス株式会社が、KDDI株式会社、ソニー株式会社および近鉄不動産株式会社の協力のもと、「VR旅行体験サービス」の事業化に向け「Warp Square(ソニー)」と「VR View Scope(KDDI)」を活用した実証実験を日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」にて行う。

この実証実験は、同じ空間にいる参加者同士で体験を分かち合えるソニーのVR技術を活用し、旅に出ることが困難な人達などに対して、VR空間を通じて旅やライフイベントの体験が可能となるサービスをあべのハルカスにて試すもの。実証実験後、次世代通信規格5Gに向けたライブ配信遠隔旅行体験サービスの提供、ユニバーサルツーリズムに向けた旅に出ることが叶わない人の旅体験やライフイベント体験の提供、インバウンド促進に向けた国内外での自治体・企業などのプロモーション手法の提供といった事業展開を早期に実現する予定。
実証実験の実施概要は以下のとおり。

<実施概要>
実証実験①
【あべのハルカスから世界へ、VRで空中散歩体験】
複数人同時にVR映像を視聴できる3.6m×3.6mのWarp Square(個室)の中で、4K超短焦点プロジェクター(ソニー)を3面の壁に投影することでVRルームそのものが没入空間となり、360°パノラマ映像と音声で、ハルカス300→大阪観光名所→北海道→世界の風景映像を約15分間体験できます。
一人で視聴するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)では味わえない、「複数人で旅行体験を分かち合うVRルーム」としての新たな価値創出に向けた実証実験です。

実証実験②
【VR View Scope ~大阪VR観光体験~】
コインを投入し覗くだけで、気軽にVR映像を視聴できる「望遠鏡型VRビューワー体験」による新たな価値創出に向けた実証実験です。省スペース設計でオペレーション不要の省運営のため、様々な施設やロケーションで設置することができ、身近にVRを体験することができます。今回、フリーアナウンサー川田 裕美さんが案内人として、あべのハルカスや大阪市内の観光名所を紹介する360°3D映像を視聴いただけます。

※VR View Scopeの詳細についてはKDDIのプレスリリースをご確認ください。
URL:http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/05/30/3173.html

■実証内容 :実証実験① 「あべのハルカスから世界へ、VRで空中散歩体験」
実証実験② 「VR View Scope ~大阪VR観光体験~」
■期日/時間 :2018年6月1日~7月1日 15:00~20:00(月曜定休)
■実施場所 :ハルカス300(展望台)59Fエレベーターホール (住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
■入場/観賞 :入場無料、年令制限なし(VR View Scopeは7歳以上)、入室自由、定員5~8名/1回
※ただし、展望台へは入場料が必要です<大人(18歳以上)1,500円、中高生(12歳~17歳)
1,200円、小学生(6歳~11歳)700円、幼児(4歳以上)500円>
■映像コンテンツ:実証実験① 「あべのハルカスから世界へ、VRで空中散歩体験」
・ハルカス300:日本一高いビル「あべのハルカス」のビル最頂端部からの映像を紹介
します。
・大阪観光名所:大阪のおすすめ人気観光スポットを、360°映像で紹介します。
・北海道:富良野・美瑛町の人々を魅了する景色を、360°ドローン映像で紹介します。
・世界の風景:中国、アイスランドなどの世界の絶景を、360°ドローン映像で紹介します。

実証実験② 「VR View Scope ~大阪VR観光体験~」
<OSAKA 360 川田裕美の大阪名物ツアー ~VR女子一人旅~>
定番から穴場まで、絶対外せない大阪のおすすめ人気観光スポットを、360°映像で紹介します。案内人は、大阪出身のフリーアナウンサー川田 裕美さん(所属:セントフォース)。観光のお客様がVR View Scope体験後、現地に行ってみたくなるようなストーリーでお届けします。また、エッジ・ザ・ハルカスのVR映像もご体験いただけます。
※「エッジ・ザ・ハルカス」は日本一高いビル「あべのハルカス」の地上300mの最長部を、命綱を付けて歩く日本初のスリル体験アトラクションです。
■使用機器
・Warp Square(ソニー)
4K超短焦点プロジェクターを4台用いた全周囲映像空間システムです。
3.6m四方の箱型スペースに映像を照射することで没入感の高いVR空間を作り出します。
大きさや照射枚数はカスタマイズが可能です。

・VR View Scope(KDDI)
VRビューワーとコインセレクターシステムが一体化した望遠鏡型VRシステムです。
コイン投入し覗くだけで簡単にVR映像が視聴でき、2.5Kの高精細な有機ELパネルにてハイクォリティな360°の
3D映像を楽しむことが出来ます。

<各社の役割>
・KNT-CTホールディングス株式会社:企画、運営、全体調整
・株式会社近畿日本ツーリスト関西 :運営協力
・ソニー株式会社 :機材協力
・KDDI株式会社 :企画、運営協力、映像制作、コンテンツ提供
・近鉄不動産株式会社 :スペース提供、企画・運営協力
<映像コンテンツ協力・開発>
・株式会社東京フイルム・メート(本社:東京都港区、代表取締役社長 加茂 裕治)
http://www.tfm-sports.co.jp/
・北海道文化放送㈱(北海道札幌市中央区、代表取締役社長 加藤 雅規)https://uhb.jp/

スマートツーリズム(旅×最先端技術)推進「VR旅行体験サービス」事業化に向けた実証実験を「ハルカス300」にて実施決定

-VR, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.