AR VR ニュース

テスティー、若年層男女を対象に「VR/AR」に関する調査を実施 認知度・体験率ともに10代が高い傾向

投稿日:

テスティー、若年層男女を対象に「VR/AR」に関する調査を実施

株式会社テスティーが、ミレニアル世代と言われる若年層男女1,057名を対象に「VR/AR」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。

まず、VRの認知度についての調査では「知っている」と回答した人は10代で74.8%、20代で68.8%となり、10代、20代の男女ともにおよそ7割程度の人がVRを知っていると回答したという。さらに、VRを知っていると回答した人を対象に、「実際にVR体験をしたことがありますか?」と聞いたところ、「体験したことがある」と回答した人は10代で25.4%、20代で23.6%となり、認知度・体験率いずれにおいても10代が高い傾向にあったとのこと。以後の調査項目とその結果は以下のとおり。

VR〇〇×VRで今後体験してみたいのは・・・第1位「映画×VR」
VR体験者とVR未体験者それぞれを対象に、「今後VRを体験したいと思うか」と聞きました。その結果「お金を払ってでも体験したい」と回答した人は、10代も20代も未体験者に比べて体験者の方が約3倍も高い割合となりました。VRを実際に体験することで、「有料でもまた体験したい」と思えるほどVR体験は魅力的であると言えそうです。また、VR未体験者も10代、20代ともに7割以上の人が「無料なら体験したい」と考えており、VRに対する興味・関心が高いことが伺えます。

テスティー、若年層男女を対象に「VR/AR」に関する調査を実施 認知度・体験率ともに10代が高い傾向

そして、全員を対象に「今後、体験してみたいと思うVR体験」を聞いたところ、第1位は「映画」、第2位は「ゲーム」、第3位は「ファッション」となりました。

テスティー、若年層男女を対象に「VR/AR」に関する調査を実施 認知度・体験率ともに10代が高い傾向

【AR】言葉の認知度は3割以下だが体験率は約6割。気づかぬうちにAR体験をしている人が多数
続いて、ARの認知度を調査しました。その結果、「知っている」と回答した人は10代、20代ともに3割以下となりました。そこでARに関しての説明を表示後、改めて全員を対象にARの体験率を調査したところ「体験したことがある」と回答したのは、10代で60.9%、20代で55.6%となりました。ARという言葉の認知度は3割以下ではあるものの、体験したことがある人の割合が高いという結果から、AR技術とは知らずに利用している人が意外と多いのかもしれません。

テスティー、若年層男女を対象に「VR/AR」に関する調査を実施 認知度・体験率ともに10代が高い傾向

本調査結果のさらなる詳細は、若年層リサーチによる自主調査メディア「TesTee Lab(テスティーラボ)」にて公開しています。ぜひ、ご覧ください。
■記事URL:https://lab.testee.co/2018-vrar

-AR, VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.