VR ニュース

アルファコード、ライブを超えた体験を可能にする遠隔ライブVR配信プラットフォーム「LiVRation」を開発

投稿日:

アルファコード、ライブを超えた体験を可能にする遠隔ライブVR配信プラットフォーム「LiVRation」を開発

株式会社アルファコードが、SDMコンソーシアムの共同チームとして、ライブの熱気をそのままVR空間に取り込み、様々な角度から観覧し、音響を自由にカスタマイズして楽しめる遠隔ライブVR配信プラットフォーム「LiVRation(ライブレーション)」を開発した。

アルファコード、ライブを超えた体験を可能にする遠隔ライブVR配信プラットフォーム「LiVRation」を開発

「LiVRation」は、ライブや演劇、スポーツ観戦を遠隔で楽しめ、かつ様々な角度から観覧し、ユーザーが音響も自由にカスタマイズできるプラットフォームで、配信者は、距離や時間、会場のキャパシティ等により参加を諦めていた全世界のファンに観覧してもらうだけでなく、一味違う感動を与えることが可能となる。また、2020年の実用化・商用化に向けて開発が進められている5Gと組み合わせることにより、一度の配信で今まででは考えられないほどの人数を動員することもできるようになる。
同システムは新しいライブ配信プラットフォームとして、2018年1月にビルボード東京で開催された第2回「LIVE HACKSONG」にて、最優秀賞と、観客の投票で選ばれる会場賞のW受賞を果たした。アルファコードでは今後もライブ配信技術の研究開発を進め、VR等新規技術による新たな配信プラットフォームを開発するとしている。「LiVRation」の主な特長は以下のとおり。

■「LiVRation」の主な特長
・360°マルチポジション(※1)により、好きなアーティストがすぐ隣でパフォーマンスをしている様子や、天井からの視点など、普段では体験できない映像が楽しめます。
・Twitter等のSNS情報をリアルタイムで読み込み、VR空間内に表示することができます。

■「LiVRation」の主な技術
・西日本電信電話株式会社が提供するハイレゾ音源ストリーミング技術(※2)により、ライブ会場で聞こえる音を忠実にVR空間内で再現します。
・オブジェクトオーディオ技術(※3)により、好きな歌手の歌声や好きな楽器の演奏だけを取り出すことができます。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.