アプリ ゲーム ニュース

グリー、Supercellとの特許紛争について説明

投稿日:

グリー、Supercellとの特許紛争について説明

グリー株式会社が、フィンランドのSupercellとの間で継続中の特許権侵害に関する紛争について説明を発表した

この特許紛争は、グリー側からSupercellのゲームアプリに実装されている機能に関して特許権侵害の仮処分命令申立てが行われ、この影響でSupercellのスマートフォン向け戦略シミュレーションゲーム「Clash of Clans(クラッシュ・オブ・クラン)」(iOS/Android)と「Clash Royale(クラッシュ・ロワイヤル)」(iOS/Android)の日本版から演出表現や機能の一部が停止されたというもの(過去記事はこちら)。
グリーの発表によれば、これらの2アプリを含めSupercell社が日本で配信中のゲームアプリにおいて、非常に多数のグリー保有特許を侵害している可能性があることを発見したという。2016年9月にSupercellに対してその事実を伝えるとともに話し合いでの解決を提案したが、Supercellは話し合いを拒否しアプリ配信も継続したため、やむなく上記特許のうち「クラッシュ・ロワイヤル」と「クラッシュ・オブ・クラン」にて使用されている十数件の特許の使用差止の仮処分を東京地方裁判所に申立て、損害賠償請求も順次提訴しているとのこと。
なお、今回の一部機能の停止により両タイトルのプレイヤーに不便が生じている点については、「ゲーム会社である弊社としても大変残念に考えております。Supercell社が早期に弊社との話し合いに応じて両社間で適切な合意がなされ、事態が解決されることを切に願っております。」とコメントしている。

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.