アプリ ニュース

LINE Pay、全世界で月間取引件数が1,000万件を突破

投稿日:

LINE Pay、全世界で月間取引件数が1,000万件を突破

LINE Pay株式会社が、スマートフォン向け決済サービス「LINE Pay」の2017年10月末の時点で月間取引件数が1,000万件を突破したことを発表した。今年に入ってから11月までの時点で月間流通総額は550億円を記録、累計流通総額は日本円で3,000億円となっている。

「LINE Pay」は、2014年12月に日本でサービスを開始して以降グローバルにもサービスを拡大し、2017年2月には全世界1,000万登録ユーザーを達成。さらに2017年11月に全世界4,000万登録ユーザーを突破するLINE独自の支払いサービス。特に成長が著しいのは日本、台湾、タイの3国で、全体のユーザー数のうち3,000万人以上が日本国内からの登録とのこと。現在、ゆうちょ銀行、UFJ銀行、三井住友銀行を含む48行の銀行と連携しており、日本のユーザーは国内ローソン全店のレジや、セブン-イレブンを中心に全国23,000箇所以上に設置されているセブン銀行ATMなどから「LINE Pay」のアカウントに残高をチャージすることができ、また「LINE Pay」を通じて11通貨への外貨両替も行える。
台湾での「LINE Pay」の登録ユーザー数は220万人で、台湾最大級の銀行であるCTBCとのパートナー提携によって発行された共同ブランドカードは発行枚数100万枚を記録し、台湾の市場調査会社DataYogurtの調査によれば台湾の全年齢層において最も利用されているモバイル決済サービスとなり、さらにオンラインショッピングで最も利用されているモバイル決済サービスとなっている。台湾の主な「LINE Pay」加盟店は、夢時代(ドリームモール)、環球購物中心(グローバルモール)、Hanshin Arena Shopping Plaza、漢神百貨(Hanshin Department Store)、美麗華百楽園(Miramar Entertainment Park)、新光三越百貨(Shinkong Mitsukoshi Department Store)、台北101(Taipei 101)、統一時代百貨(UNI-USTYLE Department Store)などの百貨店をはじめ、雲朗観光グループ(L'Hotel de Chine Group)、マリオット、シャーウッド台北を含むホテルチェーン、主要なコンビニエンスストアチェーン、Watsons、Studio Aなどを含む小売店など。加えてCSR活動でも認知が広がっており、「LINE Pay」ユーザーは10のNPOに寄付を行うことが可能。2017年上半期には800万台湾ドル(26万5千米ドル相当)以上の寄付が集まった。
タイにおいては、「LINE Pay」は、交通系のプリペイドカードであるRabbit Cardを提供するBSS Holdings Co., Ltd.とのパートナー提携後、Rabbit LINE Payとしてサービスが行われており、タイ国内の代表的な宅配サービスであるKerry Express、マクドナルド、その他地銀との提携が実現しているという。

-アプリ, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.