VR ニュース

VR×AIソリューションを開発するジョリーグッド、総額4億円の資金調達を実施

投稿日:

VR×AIソリューションを開発するジョリーグッド、総額4億円の資金調達を実施

テレビ局・制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro」や360度VRコンテンツ解析とユーザー行動解析を行う人口知能「VRCHEL」などを開発運営する株式会社ジョリーグッドが、事業強化を目的にディップ株式会社と株式会社エースタートとを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額約4億円の資金調達を行った。

ジョリーグッドは、テレビや広告業界で開発をリードしてきたプロデューサーと、VR/AR、人工知能開発のテクニカルエキスパートらによって設立された企業で、有用な先端テクノロジーをギークやマニアだけでなく「地域や企業が活用できる先端テクノロジープラットフォーム」を研究開発している。
同社が2016年6月より提供している「GuruVR Media Pro」は、短期間で高品質なVR事業を始めることができるテレビ局や制作会社向けのVRソリューションで、北海道放送の「HBC VR」、東海テレビの「VR TOKAI」、テレビ西日本の「VR九州」、鹿児島テレビの「KTS VR」、毎日放送の「絶景散歩VR」、MTS&プランニングの「アクアマリンふくしまVR」、プロダクションナップの「VR長崎360°」、新潟放送の「VR NIIGATA」など、全国各地のVRサービスを地元マスメディア企業と共同で多数展開している。
「VRCHEL」は、ジョリーグッドが独自開発したVRコンテンツの属性解析とユーザー視聴行動のパターン解析を行う人工知能エンジンで、実際の空間をVRコンテンツ化し、その空間の属性要素とVRアプリでのユーザー行動パターンを解析・照合することにより、VR空間の中で“リアルにも応用可能な行動パターン”を検出する。今月11月から東海テレビとジョリーグッドが展開している、“VRアプリ連動テレビ番組「絶景×絶景」の放送とVR配信”で、その活用が始まっており、当事業は経済産業省の「先進コンテンツ技術による地域活性化促進事業」にも採択されている。
同社では今回の調達資金によりさらなるサービスの拡充と開発・営業体制の強化を行うとしている。

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.