AR VR ニュース

ティフォン、Akatsuki Entertainment Technology Fundらより100万ドルを調達

投稿日:

ティフォン、Akatsuki Entertainment Technology Fundより100万ドルを調達

ティフォン株式会社が、Akatsuki Entertainment Technology Fund (略称:AET Fund ・運用会社:株式会社アカツキ、代表取締役CEO 塩田元規)と、インキュベイトファンドより総額100万ドルの資金調達を行った。

ティフォンは2012年にシリーズ合計3500万DL以上のスマートフォン向けセルフィーアプリ「ゾンビブース2」をリリースしたのち、2014年に米ウォルト・ディズニーのインキュベーションプログラムである「ディズニーアクセレーター」の第1回プログラムに選出されシード投資を受けている、AR技術や顔認識技術を使用したアプリ開発に強みを持つ企業。今年は赤坂サカスにて毎年夏に開催されているTBS主催の参加型イベント「デリシャカス」において、通常のVRを超えた今までにない新しい感覚と圧倒的没入感が特徴の複合現実お化け屋敷「Magic-Reality: Corridor(マジックリアリティ・コリドール)」のテスト展開を行った。
今後同社では、今回得た資金によりMR(Mixed Reality)技術を使用し、独自の世界観を元にした次世代テーマパークとしてのMRシアター「TYFFONIUM(ティフォニウム)」を、国内の商業施設などを中心に展開していくほか、海外展開を視野に入れた活動を行っていくという。

-AR, VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.