VR ニュース

積木製作、VRを活用した安全教育システムをJR東日本に納入

投稿日:

積木製作、VRを活用した安全教育システムをJR東日本に納入

株式会社積木製作が、東日本旅客鉄道株式会社新潟支社からの依頼を受け、VR技術を活用した安全教育システムを開発・納入した。

この安全教育システムは、実際の車両の運転席から約15分間の道程の360°実写映像を撮影したもの。映像素材に様々な作業を行なっている作業員を3DCGによって合成し、中には危険行動を取っている作業員もいるというVR映像となっている。安全教育受講者は映像をモバイルVRゴーグルで閲覧し、危険行動を取っている作業員を指摘・回答していくという内容の教育を受けることができる。多人数に対しての教育を想定しており、講師側はタブレットを操作し、同時スタート、停止、頭出、スロー再生等の命令を与えることができる。また受講者それぞれのスコアの確認や出題番号による正答率の出力機能も備えている。コンテンツ時間は約6分間。システムの概要はこちら

積木製作、VRを活用した安全教育システムをJR東日本に納入

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.