VR イベント ニュース

VR分析サービス「AccessiVR」にて性別や年齢層の取得が可能に 東京ゲームショウ2017にも出展

投稿日:

VR分析サービス「AccessiVR」にて性別や年齢層の取得が可能に 東京ゲームショウ2017にも出展

株式会社ダズルが、VRプロダクトの分析・運用サポートサービス「AccessiVR(アクセシブル)」において、性別や年齢層といったユーザー属性の取得が可能になったことを発表した。さらに東京ゲームショウ2017のVR/ARコーナーにも出展する。

「AccessiVR」はユーザーのVR体験を可視化することでサービスを改善し、目標を達成することをサポートするためのグロースハックツールで、視点データをはじめとした様々なVR利用データを取得し、ユーザーのVR体験を可視化する。主な機能として、利用人数などの基本項目を取得する「基本KPI」、オブジェクトの閲覧数や閲覧時間、360°動画の視聴時間やヒートマップなどを計測する「コンテンツ解析」、3Dコンテンツにおけるユーザーの位置や視線などの行動データを分析する「ユーザー行動解析」などがあるが、今回さらデモグラフィックデータの取得が可能になった。現在取得できるデータは、「性別」と「年齢層」の2つで、VRコンテンツ利用前などのタイミングでユーザーに入力してもらう形式となる。VRコンテンツ開発側でユーザー属性入力の有無を選択することができ、入力UIを表示させる場合も自由度高くUIを作り込むことができコンテンツの世界観を損ねないUIを実現できるため、ユーザー体験を損ねない形でのデータの収集が可能となる。
東京ゲームショウ2017では、ブースにてアクセシブルのデモや詳細な機能について紹介するほか、ダズルが開発したマルチプレイVR-FPSコンテンツ「Rays」も試遊出展する。

-VR, イベント, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.