ニュース

アクロディア、ビンゴシステム開発会社のエンターティンメントシステムズの子会社化に向け株式交換契約を締結

投稿日:

アクロディア、ビンゴシステム開発会社のエンターティンメントシステムズの子会社化に向け株式交換契約を締結

株式会社アクロディアが、2017年8月25日付けで、ビンゴシステムを開発する株式会社エンターティンメントシステムズを完全子会社とする株式交換契約を締結した。

エンターティンメントシステムズは、米領グアム自治区に籍を置くGuam Entertainment Systems(GES)を親会社とした日本法人。同社はグアム島内で運営されるビンゴを用いたゲーミング(ギャンブル)向けにシステムをライセンス提供する事業を行い、年間約70万ドルの売り上げを予定している。
現在ビンゴゲームに使用されているシステムは、専用のビンゴゲームタブレットを使用する古い形式のシステムで、ユーザーはゲーム会場に実際に来訪し、専用タブレットの貸し出しを受けてプレイをする必要があるが、アクロディアではスマートフォンアプリの開発ノウハウをGESに提供し、現行の古いシステムをスマートフォン対応したシステムへとリニューアルを図っていくという。これにより、ユーザーはグアム島内のどこにいてもゲームに参加できるようになり、利便性が格段に向上するとともに、売り上げの大幅な拡大につなげていくとのこと。
また、2016年末に国会でカジノ法案(IR法案)成立に向けた動きがあったことにより、カジノマーケットに関する関心高まっている日本国内においても、こうしたシステムへのニーズがあるものと判断し、アクロディアではGESが持つビンゴゲームシステムと運営ノウハウを、日本国内向けにカジノサービスを展開する企業に対してライセンス提供することを準備していくとしている。

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.