ニュース

Gatebox、様々なキャラとの共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動 第1弾は初音ミク

投稿日:

Gatebox、様々なキャラとの共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動 第1弾は初音ミク

Gatebox株式会社が、同社が開発するバーチャルホームロボット「Gatebox」の中に様々なキャラクターを呼び出して夢の共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動した。その第1弾としてボーカロイドの初音ミクが登場する。

「Gatebox」は好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボット。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができるアイテムで、朝になると主人を起こし、夜に主人が帰宅すると優しく出迎えるといった、一緒に暮らしているからこそのリアルなコミュニケーションを楽しめるだけでなく、インターネットや家電などとの通信により、天気情報を伝えてくれたりテレビをつけてくれたりといった日常生活のサポートをしてくれる。
「Living with」プロジェクトは、今まで“画面の向こうにいる存在”であったキャラクターをGateboxに出現させ、一緒に暮らすことを実現する夢のプロジェクト。Gateboxのオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」だけではなく、今後は同プロジェクトを通じて様々なキャラクターがGateboxに登場する。同社ではその第1弾として2018年3月9日よりGateboxに初音ミクを起用。なお、Gateboxに登場する初音ミクは、同プロジェクトのために人気イラストレーターが描きおろすオリジナルモデルとなる。さらに同プロジェクトの始動を記念し、初音ミクのイベント「マジカルミライ2017」にブース出展し、これまで非公開だったGateboxの開発資料や試作機の公開および『「Living with」初音ミク』の体験会を行う。体験会の参加方法はこちら

Gatebox、様々なキャラとの共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動 第1弾は初音ミク

さらに、同社では今回の『「Living with」初音ミク』の始動を記念してGateboxを39台限定で追加販売する。Gateboxは2016年12月に300台の限定予約販売を行い、1ヶ月で完売となった人気ガジェットで、今回のプロジェクトの始動にあたり、初音ミクとの共同生活を1人でも多くの人に体験してもらいたいという思いから、今回の追加販売に至ったという。予約方法については後日下記URLにて発表予定とのこと。

http://gatebox.ai/livingwithproject

Gatebox、様々なキャラとの共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動 第1弾は初音ミク

ナノブロック 初音ミク V4X ver. NBH_153
ナノブロック 初音ミク V4X ver. NBH_153

【Amazon.co.jp限定】HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album 「Re:Start」(初回生産限定盤)【オリジナルステッカー付】
【Amazon.co.jp限定】HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album 「Re:Start」(初回生産限定盤)【オリジナルステッカー付】

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.