AR VR ニュース

カバーが3000万円を調達 近日中に3Dキャラクターのバーチャルライブ配信サービスを提供

投稿日:

カバーが3000万円を調達 近日中に3Dキャラクターのバーチャルライブ配信サービスを提供

カバー株式会社が、みずほキャピタル株式会社、TLMが運営するファンド及び個人投資家を引き受け先とする総額約3,000万円の資金調達を実施した。これにより、アニメやゲームを展開する企業が、ファン向けに3Dキャラクターを使ったインタラクティブな番組を生放送できるAR対応のバーチャル版ライブ配信サービスを近日中にリリースする。

このサービスは、アニメやゲームを展開する企業が、登場するキャラクターたちとコミュニケーションしたいファン向けに3Dキャラクターを使ったインタラクティブな番組を生放送できるというもの。配信者はVRデバイスを使って、身体を動かしたり、顔の向きや表情と唇の動き、手や指の動きを操作することができるため、まるでキャラクターが生きているかのように感じさせることができる。3Dスタジオでは、写真表示や音楽再生、3Dペイントなどの機能を活用して、トークや歌、ダンスなど様々な番組の配信を行うことが可能。同社では正式サービス開始時に視聴者向けのスマートフォンアプリもリリースする予定で、視聴者はVRヘッドマウントディスプレイを必要とせずスマートフォンのみで視聴を楽しめる。また、一般的なライブ配信サービスとは違い、3DCG映像として番組が配信されるため、視点を自由自在に変更することもできるほか、コメント機能やギフト機能を使って、配信者とインタラクティブにコミュニケーションすることができるとのこと。なお、ARKitに対応したAR機能も提供予定で、ライブ配信時に、ARモードでキャラクターだけを自分がいる場所に呼び出して、表示する機能や、ライブ配信とは別にキャラクターが踊ったり、手を振ってくれる映像を呼び出して、ARでの動画撮影や写真撮影を楽しめる撮影モードも実装される予定。
同社では8月に配信者向けのα版サービスを開始し、9月に視聴者向けのアプリをリリースし正式サービスを開始する。

カバーが3000万円を調達 近日中に3Dキャラクターのバーチャルライブ配信サービスを提供

カバーが3000万円を調達 近日中に3Dキャラクターのバーチャルライブ配信サービスを提供

-AR, VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.