ニュース

ヤマハとLINEが提携 LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」を使用した新サービスを開発

投稿日:

ヤマハとLINEが提携 LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」を使用した新サービスを開発

LINE株式会社ヤマハ株式会社がパートナーシップを締結し、LINEが提供するクラウドAIプラットフォーム「Clova」(クローバ)を活用した「作曲して歌う」新製品・サービスの開発をスタートした。

ヤマハは2003年に歌声合成技術「VOCALOID」を開発し、以降10数年に渡って「バーチャルシンガーによる音楽」の提供に取り組んできた。またLINEは今年3月2日にクラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表。LINEが持つコミュニケーション技術をはじめ、優れた検索技術、豊富なコンテンツ、ビッグデータ等を保有し、量・質ともに兼ね備えた学習データを使用することができるクラウドAIプラットフォームとして高い注目を集めている。今回のパートナーシップ締結により、両社は「Clova」を用いた製品やサービスを共同で開発していくという。

-ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.