積木製作、VRを活用した安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」を販売

 

積木製作、VRを活用した安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」を販売

株式会社積木製作が、建設現場など日本のものづくりに関わる様々な現場で使用できるVRを活用した安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」の販売を開始した。

積木製作、VRを活用した安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」を販売

このソリューションは、現実では体験することが難しい墜落、落下、挟まれ、火傷などの労働災害をVRによって体験できるもの。第1弾コンテンツとして、高所作業の危険性、安全帯の重要性を再認識することができる「建設現場における仮設足場からの墜落」を販売する。対応ヘッドマウントディスプレイはHTC Viveで、体験者は実際に空間の中で自分の手足を認識しながら墜落をシミュレーションできる。
なお、同社では四半期ごとに数コンテンツを追加、発表していく予定で、現在、鉄道業界で頻繁に起こる労働災害「触車」を体験できるコンテンツと、簡易に安全教育を受ける事ができるスマートフォンアプリを開発中とのこと。また安全体感VRトレーニングの監修企業も募集している。

積木製作、VRを活用した安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket