VR ニュース

グラニ、VR/ARを繋いだ空間で翻訳機能を介してコミュニケーションできる技術「Project Sonata」を発表

投稿日:

グラニ、VR/ARを繋いだ空間で翻訳機能を介してコミュニケーションできる技術「Project Sonata」を発表

株式会社グラニが、同社内のVR/AR特化スタジオ「Grani VR Studio」が開発中の「Project Sonata」を発表した。

「Project Sonata」は、VR/ARをリアルタイムに接続し、拡張現実空間と仮想空間をつないだ空間で翻訳機能を用いてコミュニケーションをとることができる技術で、VR/ARヘッドセットをお互いにかぶることにより、違う空間で翻訳を通して言語の壁なくコミュニケーションができる翻訳機能も備えている。
同社では現在米オースティンにて開催されている「SXSW 2017」にて招待制でデモを開催予定。デモでは、一部機能の先行公開としてアメリカと日本をつなぎ、日本語と英語での翻訳体験を紹介する予定。当日はLIVE配信も予定しており、その様子を公式Twitter アカウント(@sonata_PR)で発信するという。
「Project Sonata」は現在はデモ版だが、コミュニケーションを拡張するプロダクトとして2017年末にβ版のリリースを目指しているとのこと。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.